自動車保険の種類

自動車保険には2つの種類があります。1つは自賠責保険任意保険です。ここでは、それらの違いと補償内容について説明していきます。

自賠責保険

別名強制保険と呼ばれ、道路で自動車を走らせるためには必ず加入しなければなりません。そもそも、それに加入しなければナンバープレートが取れません。無保険が見つかると道路交通法により罰せられます。本来は国と契約するものですが、契約や支払いは民間の保険会社に委託されております。

対人賠償
自賠責保険では、事故を受けた被害者に対してのみ支払われます。その金額は、死亡で最高3000万円、後遺障害で最高4000万円です。賠償額が1億を超すことも珍しくないうえ、物を壊してしまう物損や自分自身の怪我は補償されないため、これだけでは不十分です。

任意保険

自賠責保険だけでは補いきれない場合に備えて、任意で加入する保険です。一般的に自動車保険というと、この任意保険のことを指します。補償内容も、会社によって様々です。

対人賠償保険
自賠責だけでは補えきれない部分を上乗せして補償されます。その金額は1000万や2000万等の金額から無制限に補償する「無制限保険」まであります。
対物賠償保険
これは、対象が人ではなく物の場合に支払われます。ですが、この場合、自分の車などの自身の所有物には適用されません。
搭乗者傷害保険
これは、ドライバーや同乗者の怪我を補償するものです。
車両保険
これは、自分の所有する車が壊れた場合、その修理費などを補償する保険です。
人身傷害補償保険
これは最近導入された保険で、自分に過失がある場合に自身が受けた怪我や、相手が無保険者のため、保険金が支払われない場合に補償される保険です。