保険料を安くするには

保険料を安くするにはまず、「リスク細分型」という言葉を理解しましょう。

年齢や事故歴など、様々な事故を起こすリスクを計算し、保険料に差をつけようというものです。それは、会社独自の基準で行なっており、たとえ同じ条件でも保険料に倍以上の差が出ることも珍しくありません。なので、できるだけ多くの会社から見積もりを取る必要があります。

一括見積もり

そこで、便利なのが自動車保険の一括見積もりです。

保険証、車検証、免許証の情報を打ち込み送信するだけで10社以上の見積もり結果が手元に届きます。その金額を基準に保険会社を決めていけば、あなたに合った保険会社を探すことができます。

対人、対物補償は無制限で

これは、保険料の節約とは関係ありませんが(むしろ高くなる)、対人、対物の補償金額が無制限をオススメします。自動車保険の場合、賠償額に天井はないといってもいいです。億単位も普通にありえます。

実際は、補償金額を無制限にあげてもそこまでは保険料はあがりません。そこはケチらずに無制限にしておいたほうがいいでしょう。