保険料金は何を基準に決められるのか

自動車の保険料は、車の車種や運転者の年齢、事故歴など様々な条件を元に増減されます。その仕組みは知っておきましょう。

例えば、ゴールド免許も持っているが、ゴールド免許割引を持ち合わせていない所で契約してしまうと少しもったいないです。

運転者の年齢条件

まずは運転者の年齢です。統計では、年齢が低い人ほど事故を起こす割合が高くなります。なので、一般に、年齢を問わない→21歳→26歳→30歳と保険が適用される最低年齢を切り上げる事で保険料の割引を受けられます。

ノンフリート等級 による増減

契約をする度に、事故歴によって保険料を増減させる制度です。最初に契約する際、6等級が与えられ、1年間無事故だと1等級アップ、事故を起こして保険金を受け取ると3等級ダウンします。等級が上がるごとに保険料の割引を受けられるため、事故を起こすたびに保険料は上がっていきます。

免責を加える

保険の商品に、保険金が支払われない(免責)の条件を加えることにより、保健料を値引きます。免責を加える場合には、規約をよく読み注意してから決めましょう。

車の車種

車に事故を起こしにくくする装備や機能(ABS、4WD、デュアルエアバック)などがある場合には、申告することにより値引きになる場合があります。

その他

ゴールド免許、インターネットを通しての申し込み、早期契約など様々な条件に対して割引を受けられる可能性があります。規約をよく読み(聞く)、該当するものがないか確認しましょう。