一人暮らしの住居

引越しをする時に重要になるのがどのような所に住むかです。判断条件は様々ありますが、多すぎると判断に苦しんでしまいます。ここでは、重要と思われる点をいくつか紹介します。

住居を決めるにあたっての観点

家賃
まず、家賃を考えます。1人暮らしの場合は、最低でも家賃+水道光熱費の割合は全収入の半分までに抑えたいものです。あまりに高い所に住んでしまうと、自由に使えるお金が制限され充実した生活が送れなくなってしまいます。
建物の構造
これらは騒音問題に直結します。新築物件は大丈夫だとは思いますが、古い木造アパートなどは、足音や話し声まで筒抜けになってしまう可能性があります。人をよく呼ぶ人は特に注意しましょう。安いからと言って、建物の構造を無視し安易に契約しないようにしてください。
日当たり
日当たりが悪い部屋に住んでしまうと、寝坊癖がつく可能性があります。日の光が、脳に朝と認識させる効果があるためです。よく寝坊する人は日の当る部屋を選びましょう。
バスとトイレは別かバスとトイレは別か
少し高くなってしまいますが、バスとトイレは別の方がいいです。根気よく探していけば、必ずよい物件が見つかると思います。