生命保険 = 主契約」+「特約」

生命保険はベースとなる部分の主契約と、オプションとして付与できる特約によって成り立っています。主契約のみでの契約もできますが、特約をつけることで、より補償内容を充実させることができます。

主契約の種類

定期保険
いわゆる、「掛け捨て型の死亡補償保険」です。保障期間内でなければ保険金を受け取れないうえ、満期保証金もありませんが、その分安い保険料で契約できます。
終身保険
一定期間保険金を払い込む事で、支払い期間が過ぎた後でも、死亡保障が継続される生命保険です。死亡時に必ず保険金が受け取れるので貯蓄性が高い保険です。
養老保険
保険の支払い期間中に死亡した時は死亡保険金が、満期日まで生存していた場合は満期保険金を受け取れます。どちらかが必ず受け取れるため、こちらも貯蓄性が高い保険です。
医療保険
怪我や病気で治療を受けた場合、給付金が受け取れる保険です。 また、死亡時の小額ですが保険金を受け取ることができます。
ガン保険
病気のうち、ガンでの入院、手術、そして死亡時に給付金が受け取れる保険です。どのガンが認められるかは、サービスによって違いますので、約款を確認しておきましょう。
個人年金保険
老後のために貯蓄を目的とした保険です。前もってお金を積み立てておき、被保険者があらかじめ決めておいた年齢になったとき、毎年年金が受取れるます。
変額保険
投資信託に似た形で、保険会社の運用実績により受け取れる額が増減する保険です。ハイリスクハイリターンな金融商品と言えます。