掛け捨てか積み立てか?

保険を掛け捨てにするか、積み立て型にするか?まず、それを考えると思います。 どちらが得か?というとはっきりとは言えないと思います。

もし、老後年金だけでは不安な人は貯蓄型がいいでしょうし、老後の資金を自力で確保できるのならば、掛け捨てで構わないと思います。

必要保障額から逆算して求めてみよう

もしもの事があった時いくら必要になるのか考えてから、逆算して保険を決めましょう。そこから現在の経済状況とあわせて考えてみましょう。

他に何が必要か?不要か?

保険を見直す際に、まず自分の保険をよく確認しておきましょう。そこで、何が必要なのか。不要なのかを知ることで、必要のないものに加入してしまう可能性が減ります。

他社と見比べる

保険についていちいち考えるのは面倒だから、営業マンに勧められたのでいいや!と言う前に必ず、数社から見積もってもらってから決めましょう。保険会社は無数にありそれぞれサービス内容が違います。一社目で決めてしまう場合、損をしてしまう可能性が多いのです。

ダイレクト販売を利用する

最近、代理店を通さず直接に保険の契約を結ぶダイレクト販売が普及しています。普通に代理店を通しての契約と違い、様々なメリット、デメリットがあります。

メリット

代理店を通さず直接契約するため、 安い保険料で加入できます。 .簡単に数社からの見積もりができる ダイレクト販売では、インターネットで見積もってもらうことができます。さらに、複数の会社を一括で見積もってくれるサービスもありとても便利です。

デメリット

保険商品の説明を営業マンがしてくれるわけではないので、加入する際、ある程度の知識を備えておく必要があります。