生命保険について

なぜ、保険に入るのでしょうか?それは、将来被るかもしれない損失に備えるためです。その、もしもの時に損失を補填してくれる事自体が保険のサービスです。

なぜ、保険に入るのか

よく、「掛け捨ての保険をかけていたが、怪我などはせずに損をした」という人がいますが、それは少し違います。

そもそも保険というものには、損をした、得をしたという概念はありません。 たとえ保険金を受け取っていなくても、もしものときに保険金がもらえるから安心という意味でのサービスを受けているのです。

実際保険の仕組みは、かなり複雑です。 まず、主契約である定期保険、終身保険、養老保険の仕組みを理解してから、特約などをすこしづつ覚えていくといいと思います。

  1. 主契約について
  2. 特約について
  3. 見直しのポイント