被服費の節約

洋服は、セールなどをうまく利用して節約しましょう。

子供服は極力買わない

子供服は小さいわりには高価です。しかも、子供はすぐ大きくなるためすぐ着られなくなります。そのため、出来るだけもらうようにしましょう

日本人はなかなか捨てられない人が多いため、子供の年齢の2~3才上が子供のいる友達などに頼めば、比較的簡単にもらえたりします。

フリーマーケットを利用する

近所でフリーマーケットが開催されていたら一度足を運んでみましょう。相手にとってはいらない商品でも、自分にはどうしても欲しいというのは結構あるものです。

靴下は同じものを買おう

同じ服を何枚も買い、それを着ているとまわりからなんか言われたりもしますが、靴下の場合はまず言われません。

安売りしているときにまとめて買っちゃいましょう。全て同じなので、ひとつひとつまとめる必要もなく、管理がとても楽です。

ネットで洋服を購入

近くでフリーマーケットが開催されていない場合は、ネットショップを利用すると効率的です。利点は、なんといっても膨大な商品数と値段の安さです。

自分にとっては欲しい商品でも、相手には必要のない商品なので、破格で入手できる可能性があります。しかし、試着ができないという短所があるので、よく説明文を読んでから購入しましょう。

定期バーゲンを狙う

3ヶ月周期で新製品が出てくるファッション業界。それらの商品が売れ残った場合どうなると思いますか?ほとんどの商品は(1着何万円の商品でさえ)処分されてしまいます。

そのため、お店も売れ残りが出ないようにと必死で、処分の1ヶ月ほど前から、半額セールなどが開催される事が多いのです。欲しい商品を少しの間我慢するだけで、驚くほど節約することが可能になるのです。