外食やお惣菜での節約方法

食事の際は、外食や中食(お惣菜)などを賢く利用しましょう。

外でご飯を食べるときは、家でも作れるか考える。

外食で、食べたこともないような料理を見ることがあります。その時に家で作る事ができないか考えるクセをつけておきましょう。レパートリーが増えて料理が楽しくなってきますよ。

また、料理を見ただけで、材料と材料費のめどがつくようになれば、得意の節約料理が見つかるかもしれません。

回数よりも質を重視で

これは気持ちの問題ですが、500円前後の外食を繰り返すろよりは、回数を減らして1000円前後のものを楽しみましょう。

普段キビキビ節約している人には、一瞬その考えを忘れる事ができ、次の日からの節約に一層気合が入りますよ。

半額の惣菜を利用する

これももはや定番です。大抵のスーパーでは閉店の1時間ほど前から、お惣菜が半額売られています。時間に合わせて入店し、欲しいものを手に入れましょう。

調理が面倒なものは惣菜にまかせてしまう

少量の野菜がたくさん入っていたり、調理に時間がかかるわりに見返りがほとんどないものがあります。 その場合は、代用品として惣菜を使い貴重な時間を節約しましょう。

狙いはランチタイム

夜には値段が高めのレストランや居酒屋などでは、ランチタイムに同じ料理を安くいただける場合が多いです。例えば、夜は一品1000円近くの中華料理店がランチタイムならば食べ放題で1000円だったりします。

なぜかというと、お店の稼ぎ時はディナータイムであり、ランチタイムは宣伝の意味合いも含まれるからです。

昼間、様々なお店で「ランチは○○円」などという看板を見かけるのはその為です。昼だからといって味が落ちるわけではないので積極的に利用してみましょう。

仕事に行くときは水筒を持参する

会社でデスクワークをしている人の大半は、コンビニ等でドリンクを買って飲んでいるとは思います。ですが、1日140円としても1ヶ月で3,000円近くかかってしまいます。

そこで、スーパーで売られている、2リットル200円のお茶を詰め替えることで、月約1,000円に、ティーパックで作れば、100円程度に抑える事ができます。